うなぎ 野田岩 服装


うなぎの老舗 野田岩さんに行くときの服装は
かしこまる必要はないですが、
できるだけきちんとしたものを着ていった方が
気分良く過ごせると思います


DSCN3235.JPG


野田岩 麻布飯倉本店の本館の引き戸を開け、店内に入ると・・・

絽の着物をキリリと着こなした中居さんが
わたしたちを迎えてくれます


瞬間的にピッと背筋が伸びる感じ。



わたしたちが行ったのは、お昼間の営業時間内、
開店してすぐの11時ごろでしたが

他のお客さんも、ラフではあっても
みなさん襟(えり)のあるものを着ていらっしゃいました


eri.jpg


中にはカジュアルな服装の方もいるでしょうけれど

「 礼儀 」 として、ちょっとだけでも
きちっとした服装で行く
ことで
気分よくお食事を楽しめるのではないかな、と思います(^_^)


きちんとした服に合わせる靴がない!そんな時は・・・

 
posted by yuko at 15:49 | うなぎ 野田岩 服装

200年もの間愛されるお店として今もなお続いている、その秘密

 



野田岩さんの鰻重を堪能して大満足で
お店を後にしようとしたとき

「 うちわ、お渡ししました? 」 と中居さんに声をかけられ
いただいたのが、この写真のうちわ


utiwa.jpg


写真を見ただけでも分かると思いますが
普通に無料でいただけるものとは、品質がまったく違っていました


柄はしっかりとした竹でできているし
涼し気な絵柄は、毎年変わるのだそう

裏面には 『 五代目 野田岩 』 とシンプルなロゴが
バランスよく控えめに配置されているだけ


この品質なら、持って歩いて使えるな、と思いました


明日、毎年恒例の下北沢の阿波踊りのイベントに、浴衣を着て行くので
このうちわを帯にさして出かけることにします


きっと目にした友人の間で話題になるだろうし
そのたびに野田岩さんの鰻のあのふっくらとした幸せな味を思い出して

次はいつ行こうかな・・・

となるのですよね


そうやってファンを増やし
200年もの間愛されるお店として
今もなお続いているのだと思います


ここにも、仕事、人生のヒントがつまっているのかも



生涯うなぎ職人
二百年続く老舗「野田岩」の心と技




五代目 野田岩 (のだいわ)
TEL 03-3583-7852
住所 東京都港区東麻布1-5-4
地下鉄大江戸線赤羽橋駅、又は日比谷線神谷町駅より東京タワー方面へ徒歩5分
赤羽橋駅から348m

営業時間 11:00〜13:30 17:00〜20:00
土用の丑の日はお休み。ランチ営業


大きな地図で見る



ご自宅で楽しむなら・・・こちらがおすすめ
次項有 美味しい鱧(はも)のお取り寄せ






 

想像以上に美味しかった野田岩のうなぎ

 
DSCN3235.JPG


突然誘っていただいて、初めて口にした
『 野田岩のうなぎ 』


想像以上に美味しくて
この日一日中、しあわせな気分でした(^_^)


1000円のものを10回食べるのと
1万円のものを1回食べるのでは
同じ1万円を使ってもまったく違うことになる

とは聞きますが

ほんとうにそうだな、と思います


1000円の鰻重を3回食べるなら
2回は我慢したとしても
残りの1回で 「 野田岩 」 に行くこと

このことで得られるものは
美味しかった〜!だけではないんですよね


大げさではなく、そんなふうに感じました



また次に鰻を食べに行くことになったら
迷わずに 「 野田岩の鰻重 」 を選ぶだろうな、と思います(^_^)


200年もの間愛されるお店として今もなお続いている、その秘密


ご自宅で楽しむなら・・・こちらがおすすめ
次項有 美味しい鱧(はも)のお取り寄せ





 

野田岩の鰻重 「 萩 」

 
DSCN3233.JPG


男性の注文した、野田岩の鰻重 「 萩 」 は・・・

お重にうなぎがびっちり!!


これぞ、鰻重

という感じです。



次は、「 萩 」 にしようね!
と、誘ってくださった女性社長さんは言っていましたが

あの量を食べられるかしら・・・(笑)



そして、

肝心の鰻重のお味は



鰻はふっくらと焼きあがっていて

口に運ぶ度に
『 美味しい。。。 』 と、つい言葉がもれてしまう


お腹がいっぱいになる最後の最後の一口まで
本当に美味しくいただけました



満足感がかなり高くて
みんな幸せな幸せな気分に


『 もう、よそで鰻は食べられないね。。。 』

と、全員が口にしていました


想像以上に美味しかった野田岩のうなぎ


ご自宅で楽しむなら・・・こちらがおすすめ
次項有 美味しい鱧(はも)のお取り寄せ





 

野田岩の鰻重 「 梅 」

 
DSCN3232.JPG


野田岩の鰻重 「 梅 」 のお重の蓋を開けると・・・


あっ、白いご飯が・・・


お重にびっちり詰まっている絵を想像していたので
ちょっとションボリ(笑)


実際には、重なっている部分があるので
かなりの量でお腹いっぱいになりました


ちなみに、男性の注文した

野田岩の鰻重 「 萩 」 は・・・


ご自宅で楽しむなら・・・こちらがおすすめ
次項有 美味しい鱧(はも)のお取り寄せ





 

お重の蓋を開けると・・・

 
DSCN3231.JPG


お重の蓋をあけると、内側には
『 五代目 野田岩 』 のロゴがシンプルに入っています

すべてが上質な感じです


お食事だけではなく、こういったものに触れられるのも
すごくいい機会だと思いました



そして、蓋の奥にちらりと見えている

野田岩の鰻重 「 梅 」 は・・・


ご自宅で楽しむなら・・・こちらがおすすめ
次項有 美味しい鱧(はも)のお取り寄せ





 

鰻重のお重の絵柄

 
DSCN3228.JPG


鰻重には、肝吸い・香の物・箸休めが付きます

この、箸休めの大根おろしがあると
ちょっと嬉しいですね(^_^)


DSCN3229.JPG

上の写真は、
鰻重(肝吸い・香の物・箸休め付) 「 梅 」 のお重


ちなみに、男性の注文した 「 萩 」 は
お重の絵柄が違いました

DSCN3230.JPG


これ、一番上の 「 桂 」 あたりになると
どんな絵柄になるんでしょう

気になりますね


お重の蓋を開けると・・・


ご自宅で楽しむなら・・・こちらがおすすめ
次項有 美味しい鱧(はも)のお取り寄せ





 

野田岩 鰻重メニュー 中居さんのおすすめ

 
DSCN3228.JPG


野田岩さんのホームページで、メニューを見た時には
「 うなぎの志ら焼 」 も気になっていたのですが・・・

やはり、はじめての野田岩さんのうなぎ、ということで
うな重をいただくことにしました


うな重のメニューは
5つに分かれています

鰻重(肝吸い・香の物・箸休め付)

菊・・・・・・・・・・・・・2,800円
梅・・・・・・・・・・・・・3,200円
萩・・・・・・・・・・・・・3,700円
山吹・・・・・・・・・・・4,200円
桂・・・・・・・・・・・・・5,250円


「 菊 」 は、うなぎが1切

「 梅 」は3切れで、そこからは
うなぎの厚みが変わってきます


女性はだいたい、「 菊 」 か 「 梅 」 で
男性は、 「 萩 」 を注文する方が多いそう


中居さんのおすすめ通り
女性陣は「 梅 」 を

一人だけいた男性は、「 萩 」を注文しました


鰻重のお重の絵柄


ご自宅で楽しむなら・・・こちらがおすすめ
次項有 美味しい鱧(はも)のお取り寄せ





 

本館の引き戸を開け、中へ進んでいくと・・・

 
DSCN3225.JPG


野田岩 麻布飯倉本店 本館の引き戸を開け
中へ進んでいくと・・・

和服姿できちっと決めた中居さんが
出迎えてくれました

かなりの貫禄です

もうここで何十年も勤めている
というオーラが漂っています


店内は、赤を基調とした重厚な内装で
目黒の雅叙園を思わせるような空間でした


来ているお客さんも、お店に見合った方が多く
みなさんラフではあっても、きっちっと襟のあるものを着ていたり
女性の方も上品な服装の方ばかりで
さらにこの空間が上質なものになっています


わたしたちを連れてきてくださった方も
パールの指輪をして、ワンピースを着ていて

こういうところに来る大人の方は
身なりをきちっとして来ることで
お店にも敬意を払う、ということを
普通にされているんですね


勉強になります


野田岩 鰻重メニュー 中居さんのおすすめ


ご自宅で楽しむなら・・・こちらがおすすめ
次項有 美味しい鱧(はも)のお取り寄せ





 

野田岩 麻布飯倉本店の本館に到着

 
DSCN3224.JPG


野田岩 麻布飯倉本店さんの、別館の前を通り越し
本館へと向かいます

まずは、本館へ行ってみて
そちらがいっぱいだったら別館に通される
ということになっているようです


歩いてすぐの本館に到着すると・・・

並んでいない!!!


一般的なお盆休みの最終日、ということもあって
幸運にも本館にすぐに入ることができました(^_^)♪


普段だったら、開店時間の11時に着くくらいだと
もう遅いみたいですね



野田岩 麻布飯倉本店さんの営業時間は

11:00〜13:30
17:00〜20:00

と、かなり短いんです


なので、その短時間の間に
お客様が殺到するんですね


とにもかくにも、今回はラッキーでした☆


本館の引き戸を開け、中へ進んでいくと・・・


ご自宅で楽しむなら・・・こちらがおすすめ
次項有 美味しい鱧(はも)のお取り寄せ