200年もの間愛されるお店として今もなお続いている、その秘密

 



野田岩さんの鰻重を堪能して大満足で
お店を後にしようとしたとき

「 うちわ、お渡ししました? 」 と中居さんに声をかけられ
いただいたのが、この写真のうちわ


utiwa.jpg


写真を見ただけでも分かると思いますが
普通に無料でいただけるものとは、品質がまったく違っていました


柄はしっかりとした竹でできているし
涼し気な絵柄は、毎年変わるのだそう

裏面には 『 五代目 野田岩 』 とシンプルなロゴが
バランスよく控えめに配置されているだけ


この品質なら、持って歩いて使えるな、と思いました


明日、毎年恒例の下北沢の阿波踊りのイベントに、浴衣を着て行くので
このうちわを帯にさして出かけることにします


きっと目にした友人の間で話題になるだろうし
そのたびに野田岩さんの鰻のあのふっくらとした幸せな味を思い出して

次はいつ行こうかな・・・

となるのですよね


そうやってファンを増やし
200年もの間愛されるお店として
今もなお続いているのだと思います


ここにも、仕事、人生のヒントがつまっているのかも



生涯うなぎ職人
二百年続く老舗「野田岩」の心と技




五代目 野田岩 (のだいわ)
TEL 03-3583-7852
住所 東京都港区東麻布1-5-4
地下鉄大江戸線赤羽橋駅、又は日比谷線神谷町駅より東京タワー方面へ徒歩5分
赤羽橋駅から348m

営業時間 11:00〜13:30 17:00〜20:00
土用の丑の日はお休み。ランチ営業


大きな地図で見る



ご自宅で楽しむなら・・・こちらがおすすめ
次項有 美味しい鱧(はも)のお取り寄せ